rebol_diet1.jpg

【男性版】REBOL PERFECT DIET 理想の体を作る60日間の筋トレダイエット
持丸さんっていう方が痩せすぎ?・・ですよねコレ・・

REBOL PERFECT DIET
bichi.jpg

1日9分メンズダイエットは残念ながら販売終了となりました(涙)

痩せながら筋肉をつける、そんなダイエットは実現できるのか

「痩せながら筋肉を付ける」

文字を見ていると男性にとってはかなり理想のダイエットですよね。

こんなことは可能なのでしょうか。

結論からいうと、可能だと思います。

でも一概に「痩せる、筋肉を付ける」といっても
とれくらい痩せるのか、今何キロの人が何キロまで
痩せることなのか、

そして、筋肉量が元々少ない人が筋肉を付けることなのか
もしくは、ある程度この筋肉量があって、ボディビルダーのような体に
までの筋肉のことを言っているのか。

人によって違います。

ですので、

最近まったく運動をしなくなった、それにより体力も落ちてきているような
気がする。食生活も乱れがちで、お腹も出てきてもちろん体重も増えてしまった

という方に向けて書きたい思います。

結構今の仕事が忙しい30代半ばから40代前半くらいの人だと
結構当てはまる人が多いのでは?ないでしょうか。


まず、最初に行いたいのが、筋肉量の増加です。

大きな筋肉がついているところから優先的に筋トレによって行います。
これにより、代謝量のアップ(カロリーを消費しやすい体に変える)を
効果的に体が行えるようになるので、最近まったく運動していないという方ですと、
効果を実感できるのが早いと思います。


そして、次に考えること食事の見直しです。

大幅なカロリーオーバーを避けつつ、筋肉を成長させるのに良いとされる
栄養分がたくさん含まれた食品を積極的に摂っていきます。

このような生活に変えると体は嫌でも変わっていきます。

筋肉を付けると連呼していますが、これだけしても
筋肉ムキムキなんてことにはなりません。
もしろん、見た目にはバランスの取れた体系に近づいていくので
誰もがうらやむ細マッチョという体系に向かいます。

よく気にされる方がいますが、筋肉を太くする大きくするというよりかは
目覚めさせるというか、もっと働いてもらうとでも言ったほうが
イメージは沸きやすいと思います。

体イメージですとこんな感じ↓
痩せつつ、腹筋や胸筋などのラインが出来てきています。
seesaa_rebol.jpg


まとめますと、
筋肉を付けながら痩せるというのは
筋トレによって筋肉量を増やし、増えたことによって代謝量があがり
カロリーを消費しやすい体になります。

見た目では、脂肪が減っていくことで筋肉ラインも浮きでてきて
両方を同時に達成できるということです。

有酸素運動はいらないといえば嘘になります。
もちろんジョギングや水泳などの有酸素運動を加えると
さらに加速するのは間違いありません。


ですが、走ったり泳いだりがどうしても嫌ということであれば
上記のような筋力アップ、食事管理を行うことで
筋肉を付けながら痩せるということも
実現に向かうはずです。

男性用ダイエット教材であります、
REBOL PERFECT DIETはまさにこのようなメンズダイエット法です。

有酸素運動にはほとんど触れられておらず
筋力アップ・食事法が主なダイエット方法です。

実際のトレーニングジムが作ったダイエットマニュアルですから
そういうことになるのでしょう。


【男性版】REBOL PERFECT DIET



posted by koma at 11:53 | 男ダイエット やり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋のダイエットはやる気も出て成功しやすいが・・

猛暑の夏がやっと静まりましたね〜。


この夏が過ぎてからダイエットをしよう!と考えている人は
たくさんおられると思います。


猛暑でジョギングなんてしていたら、痩せるどころか
病院に運ばれちゃいます・・


涼しくなってくると、ちょっと外で走ろうか、とか
筋トレでも始めようかとか、やる気も起きてきますよね。


確かに、秋にダイエットは気候的に始めやすいのですが
誘惑は食べ物・・秋は特に美味しいものがどんどん出てきて
テレビや雑誌でも良く見かける時期です。


まあでも、適度に運動して食べすぎなければ大丈夫なのですが
それだけでは、健康維持くらいになってしまって
ダイエットというには、効果が薄すぎます。


やっぱり、ダイエットというからには、ある程度の食事制限が必要。
単純に

摂取カロリー < 消費カロリー = 痩せる


と考えたときに、食事制限が必要なのはわかります。


しかし、痩せるって一言でいっても複雑で
基礎代謝を上げることで、普段のエネルギー消費量をアップ
させる体を作ることだってできます。


その方法は「筋トレ」です。


筋肉量を増やすことで、普段同じ生活をしていても
消費カロリーが多い人と、少ない人がいます。



それが、その人それぞれの筋肉量だったりします。


このブログでは、この基礎代謝を上げて、太りにくく痩せやすい体に
なれる筋トレをイチオシしていて、その筋トレプログラムを紹介しています。


筋トレをダイエットにしっかり取り入れると
男性なら絶対憧れる、締まった筋肉質の体に近づけながら
体重や体脂肪も落とせるからです。


ジョギングや食事制限だけだと、痩せるのに時間がかかるのと同時に
筋肉量が増えないので、痩せてもじわじわ戻ってしまいます。

俗に言うリバウンドというやつですね。


ジョギングは足や下半身の筋肉量が少しアップするだけです。
胸や背中、腹筋など大きな筋肉を鍛えていくことで
スピードも速く大きな成果が期待できます。


特に、ここ数年まったく運動をしていなかったので
お腹も出てきて、メタボチックな体になってきた・・・という
30代後半くらいの男の人ですと、最初は徐々にジョギングスタートして
後に筋トレも追加していくのが成功の秘訣です。



数年もこれといった運動をしていないと、絶対に筋肉量は
落ちていますからね。徐々に始めていきましょう。


秋は食べものが美味しいですが・・
運動と筋トレをしていけば、そんなに食事は普通に摂ればいいと
思いますよ。


で、筋トレ方法というのは東京のダイエット専門ジムで実際に行われている
効果的な方法を自宅でも出来るようにメンズダイエットとして
プログラム化したものです。


REBOLダイエットって言います。

rebol-perfect-diet-dvd.jpg
DVDになっていて2枚組

rebol-perfect-diet-pdf.jpg
テキストもあり、PDFファイル形式
これはプリントアウトしたものです。



本気でダイエット始めるなら、ただなんとなく
走って、低カロリーフード食べてってするより
計画して実行したほうが、絶対いいですよ。

私もジンワリ始めています^^


もう言ってる間に、クリスマスや年末、イベントもたくさん
待っているでしょう。


クリック先の「持丸さん」って人ほんと、痩せすぎなんじゃないの?
って思ってしまいますよね。でも腹は凹んでるし、姿勢も良くなっていますね。


REBOLダイエット



posted by koma at 10:27 | REBOL PERFECT DIETの質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットする上で有酸素運動は大事ですが・・

ダイエット=有酸素運動ということが
痩せるにあたって当たり前のように言われています。


これ実は、半分正解であって半分不正解だと。


結論からいうと有酸素運動のみでは痩せるのは
非常に難しい。かなり無理があると言えます。


よく1キロの体重を減らすのに、7000kcal必要だと
言いますよね。これは昔から言われていて今もこの数値が
正しいとされています。


では7000kcal消費するとなると
どれくらいの運動量が必要になるのか?

ということですが、

45分のウォーキングで約200kcalの消費。
ジョギングなら325kcal
消費が多いとされる水泳でさえ500kcal


ということです。


もちろん体格や今の体重により差はありますが
一般的数値としてはこんなもんです。


単純計算すると
450分(7時間半)走って3250kcal。
1キロ落とすのにまだまだ足りない数値です。


そして実際にはこんなに長く走る方もいないと思うので
消費できるカロリーはもっと少なくなります。


有酸素運動は、呼吸や循環器の能力を高たり、血中脂質や
コレステロール値を下げるなどの体にメリットもたくさんあって
取り入れるべき運動なのですが、


効率が悪すぎるという欠点があります。


なのに、数週間で10キロ痩せた方法なんてものも
あるのが事実です。


これはダイエットで良いとされる有酸素運動だけでなく
筋肉量をアップさせることによって実現されたりするんですね。


筋肉量をアップさせると、人間の消費エネルギー量の70%を
占めるといわれている『基礎代謝量』を上げることができます。


そうすることによって、普段の生活の中でも
より多くのエネルギーを代謝できる体になれるということです。


食べても太りにくい体とはこういうことですね。
ですが、なにもバリバリのマッチョにらないといけないと
いうことでもなく、必要な筋肉量よりちょっとプラスαくらいが
見た目にもかっこよく、健康にもよい形ということです。


有酸素運動と筋肉量のアップ、そして過剰なカロリーを
食事で取り過ぎないことが、ダイエットの最短距離になると
言えます。


バランスの取れた最速のダイエット方法として

REBOLダイエットが適していると思います。


筋肉量を増やすといってもスポーツジムや筋トレジムに
行く必要はありません。


代謝の落ちてくる30代や、20代後半のダイエットは
筋肉量を増やすことを意識してみてください。


有酸素運動で気分スッキリしながら痩せたい人も
それだけでは効果は微々たるものですので
是非参考にしてください。


REBOLダイエットDVD 男性版

かっこいい身体を目指しましょう!!
posted by koma at 20:00 | 有酸素運動のダイエット効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

友達が激太りしたとの事・・・

久しぶりに友人と連絡をとることがありました。
小学校時代からの友達です。

でも今はすっかり会わなくなって住んでいるところも
かなり遠い友人です。

約1年半ぶりです。

その友達からの「激太り」とのカミングアウトが
ありました。

代謝の下がっている私たちの年代ですと、
ま、1年半で5キロほど太るということは
無いこともありません。

で、何キロ太ったの?と聞くと
17キロだと・・・

「17キロ!?」

これは驚きました。


1年半で17キロ増。
かなり身体に負担が掛かっているに違いありません。


もともと、ぽっちゃり体型だったその友人の
1年半前(私と会った頃)は82キロあったらしい。


これでもかなりあるほうだが
これにプラス17キロ・・・

そう大台直前の99キロになっているという。


私は「痩せろ」なんていう前に、身体に支障はないのかと
聞いた。

もちろん支障はいろいろ出てくるようで
今、「高血圧の薬」を飲んでいるという。

彼の年齢は37歳、未婚の一人暮らし。
会社勤めで毎日、ストレスを溜めながらの生活らしい。
仕事の業績などは普通だが、会社自体がやばいようで
転職も数回経験し、今に至るという感じ。

もちろん、自炊はするだろうが
基本好きなもの中心の食事で
量とバランスが取れていない
運動もさほどしないということで
急激な体重の増加があったと思えます。

にしても、1年半で17キロは増えすぎでありますよね。

もちろん食事から見直すべきだが
何をよく食べているのかと聞くと
「米」という言葉が返ってきた。

米でそんなに太るのか?と思うかもしれませんが
米は糖質も多いし、人によっては食べすぎも
良くないのだと思う。

でもやはり考えることはバランスであって
米を食べるのを止めろということでもない。

結局私は、まず他の病気に発展しないように
軽い運動と食事に気をつけてと言うしかなかった。
さらに代謝が下がっている、筋力の低下も絶対起きている。


だからもちろん、有酸素運動や筋トレも同時にやっていったほうが
いいが、そんな気にはなれないという・・

身体が重くなればなるほど、やる気も起きないのはわかる。
でも、何か始めないと。

まず、彼が危機意識を多少でも持つということが優先でしょう。
心配してんだからアレやれコレやれっていった所で

やらないのが人間。

また少し日を置いて、彼に連絡してみようと思います。


タグ:激太り
posted by koma at 21:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットは誰かに背中を押してもらうのを待っている!?2013

こんにちは〜。

もう1月も言ってる間に終わりですよね。

「今年こそ痩せる!」と心に誓って、何にもしなくて
3週間経っちゃったって人も結構いらっしゃるのでは?と
思います。

そのお気持ちすごくわかります。


やっぱり、ダイエットには健康も兼ねて走るのが一番だと
思っていた矢先、外に出てみると肌を刺すような極寒・・


ちょっと走れば寒さにも慣れると思っていながらも
走るスタイルにも着替えるのも億劫になってしまいます。。



じゃあちょっと方法変更で、
食事でカロリーを抑えようと思って、やや食事を少なめに
してみる。


でも冬はうまいものがいっぱいあって・・

一口食べると・・「う、うまい!」


「ダイエットは明日から!!」


と、このような感じで、気付けば春が来ているって・・


これ、今までの私なんですけれども・・


やっぱりここは乗り越えないといけない壁なんですよね。


ダイエットする工夫は色々あるけれども
ダイエットを始める前の工夫も必要なのだと思います。


誘惑を自分の目の前に置かないとか
大事な人に宣言してしまうとか。

どうやったら自分は動き出すんだ?ってことから
考えないといけない。これが以前の私。


で、このブログで書いているメンズダイエット方法、

『REBOLダイエット』を読み込んでみたわけです。


人は誰かに背中を押して欲しいと心理的に思っているようで
結構な怒りや不安、欲望がないと、
どれだけ自分が醜い身体になっていようが
動かないものなんですね。


これ以上太ると病気になりますよって言ってくれ(不安)
誰か俺をデブと言ってくれ(怒り)
痩せたら付き合ってあげると言ってくれ(欲望)


このような感じで実は誰かに、ダイエットするために
背中を押して欲しいと思っているのでは?と。

でも、なかなかそれは起きません。

だから自分を奮い立たせないといけないのですよね。

まず、買ってみる。買ったんだからやってみようって気になる。
読んでみる。やってみる。
やっていくうちに感覚を掴んでくる。

筋トレをしている自分がかっこよく見えてくる。
マニュアル化してあるから目標も立てられる。

習慣化してくる。このあたりになると苦痛ではなくなる。
食事に誘われてホイホイ行っていたけど、きっぱり断れる
ようになる。

「やっていくうちに見えてくるもの」が多いです。
「自分の意識の変化」も訪れます。

まずは最初の自分に勝とう!
まず第一歩がこれですね。
posted by koma at 14:50 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。